腸内環境をよくする乳酸菌入りの食品には何がある?

昨今の腸内環境ブームによって、テレビをはじめ多くのメディアで腸内環境を整えることのメリットが知られています。

あなたは、何か腸に良いことをしていますか?

腸を整えると長生きする、腸をきれいするとお肌がきれいになる、腸がすっきりするとダイエットに効果的。

このような話を1度や2度耳にしたことがある方も少なくないと思います。

そんな腸内環境よくするためには、善玉菌を増やすことが重要です。

そこで今回は、どのような食品に乳酸菌が含まれているのかをみていきたいと思います。

まず、乳酸菌とは腸内環境を整えてくれる善玉菌のことです。

乳酸菌を摂取することで、体に悪さをする悪玉菌を抑え善玉菌優位の腸内環境をつくりだしてくれます。

腸の環境を良くするためには、

・乳酸菌が多く含まれている食品を摂取する
・乳酸菌の働きを活発にしてくれる乳酸菌のエサであるオリゴ糖を摂る
・悪玉菌をの働きを抑えてくれる納豆菌をとる

などの方法が挙げられます。

では、どのような食品に乳酸菌が含まれているのでしょうか。

さっそく馴染みのある食品で挙げてみたいと思います。

・ヨーグルト
・味噌
・キムチ
・納豆
・ぬか漬け
・塩麹
・ヤクルト
・チーズ

これらを見ていくと発酵食品が多いことに気がつきます。

発酵食品には多く乳酸菌が含まれていますので、これらの食品を積極的に日々の食事に取り入れることをオススメします。

しかし、現実的には毎食取り入れたり買い置きしておくのも大変。

もっと効率良く摂取できる方法はないのでしょうか。

そこでオススメしたいのが、サプリメントの活用です。

サプリならお腹が空いていないときでも手軽に乳酸菌を摂取することができます。

なかでも筆者がオススメしたいのが、プレミアムスリムビオです。

その理由は含まれている乳酸菌の数が桁違いに多いことです。

なんとその乳酸菌量は5兆個!

この量をヨーグルトで摂取しようとすると、100個も食べなくてはなりません。

さらに、ダイエット効果も着目されている茶カテキン、悪玉菌を抑えてくれる納豆菌、善玉菌を増やしてくれるラクトフェリン。

そして小腸だけでなく大腸にまで届いて効く食物繊維である難消化性デキストリン、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖。

これらの健康面・美容面にも嬉しい成分が含まれているのです。

乳酸菌がダイエットに効果的とされるのは、単にお通じの改善がはかられるからではありません。

近年、痩せている人と太っている人の違いは、痩せ菌の存在があることがわかりました。

これは、同じ食事をしていても、痩せ菌をもっている人は体内に脂肪が蓄積するのを防いでくれる短鎖脂肪酸が存在することが判明。

この短鎖脂肪酸を得るためには、善玉菌を増やすことが大切だといわれています。

プレミアムスリムビオに含まれている、ビフィズス菌ビースリーはこの短鎖脂肪酸をつくりだす働きがあります。

健康や美容のために気になってはいる乳酸菌。

プレミアムスリムビオで効率的に乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。

プレミアムスリムビオの口コミ評価!他の乳酸菌サプリと何が違うの?

*2019年4月26日追記:
プレミアムスリムビオは、キャンペーン終了です。
今もダイエットに人気の乳酸菌サプリでキャンペーン中なのは、KOMBUCHA生サプリメントです。
熱に弱い酵素・酵母・乳酸菌を特許製法のカプセルを使用し「生きていること」にトコトンこだわった
高評価の「ダイエットサポートサプリ」がKOMBUCHA生サプリメントです。
詳しくは→KOMBUCHA生サプリメント
KOMBUCHA生サプリメント

hUs