乳酸菌と乳酸の違いや関係を教えて!

世の中には文字で見ただけでは区別を付けづらい、似ている言葉がたくさんあります。

そのひとつとして乳酸菌と乳酸がありますが、理科系の勉強をしていたという方でないとなかなか違いがわからないと思います。

しかしこの乳酸菌と乳酸は私たち人体や私たちが健康的な生活を送る上でとても重要なものです。

ここでは乳酸菌と乳酸の違いや関係について説明します。

この2つの違いを知っていると一目置かれるかもしれませんよ!

<乳酸菌と乳酸の違いと関係>

乳酸菌と乳酸は似ているようで実は全く違う言葉です。

乳酸菌というのは体内に摂取されることによって、腸の中で乳酸を生成し、悪玉菌が苦手としている酸性の腸内環境を作ってくれることで知られています。

摂取をして体内に取り込まれた乳酸菌に対して含まれている乳酸というのは、胃で分解されて善玉菌のエネルギー源になってくれます。

それに対して乳酸にはトレーニングなどを行ったときに疲労物質として蓄積されてしまうものとしての意味でも知られています。

このトレーニングを行ったときに蓄積されてしまう乳酸というのは、ブドウ糖などのエネルギー源が分解される際に、エネルギー源が分解される速度が追いつかないと発生するものです。

このときに発生する乳酸菌は老廃物として蓄積され、代謝が悪化して疲労となるのです。

以上をまとめると、乳酸菌が生成する乳酸と疲労物質として蓄積される乳酸は異なる性質のもので、疲労物質として蓄積される乳酸は乳酸菌との関連がありません。

なので乳酸を溜めたくないからといって乳酸菌の摂取を控える必要はありません。

乳酸菌は腸内環境を整えてくれるので積極的に摂取しましょう!

そして人間が代謝する乳酸にも近年疲労物質としての役割だけではないことも明らかになってきました。

運動することによって発生する乳酸がまた糖に生まれ変わり、新しいエネルギー源としてリサイクルされ、疲労を取ってくれる働きをするというのです。

乳酸菌も乳酸も私たちの体にとってプラスの働きをしてくれます。

毎日の生活にヨーグルトなどの乳酸菌を含む発酵食品や軽い運動をプラスしてみましょう。

普段の生活がよりよいものに生まれ変わるはずです。

<まとめ>

似ている言葉とはいえ、性質も全く違う乳酸菌と乳酸。

健康的な生活を送りたいのであれば普段使っている言葉の意味をきちんと知っておく必要があります。

間違った情報に踊らされないためにも普段から知識を実につける努力をしましょう。

u