乳酸菌を摂りすぎると何か困る?

あなたは日々乳酸菌を十分量摂取できている自信はありますか?

乳酸菌は身体にも美容にも良いものとして、多くのメディアで取り上げられ、関連商品も多く販売されています。

朝はヨーグルト、ランチにもお味噌汁などの発酵食品を加えてみたり、おやつに乳酸菌入り飲料……など積極的に摂っているという方も少なくないと思います。

栄養素はなんでもバランスよく摂取することが望ましいとされていますが、乳酸菌は上記のように毎食多く摂取しても身体に影響はあるのでしょうか。

そこで今回は、乳酸菌を多く摂ることで考えられる影響を挙げてみたいと思います。

まず、乳酸菌とは出生時から腸のなかに存在する菌で、善玉菌と悪玉菌、どちらにでも傾く日和見菌があります。

善玉菌の数が悪玉菌を上回っていると、腸内環境が良いとされます。

するとお通じが良かったり、お肌の調子が良くなったり、大腸がんの予防にもつながるなどさまざまなメリットがあります。

善玉菌の数は生まれてきた瞬間に9割近くと、とても高い数が存在しますが、年を重ねるにつれ生活環境や食事内容、ストレスなどの影響によって減少してしまいます。

善玉菌の数を増やすためには、乳酸菌を摂取することが効果的です。

乳酸菌を含む食べ物には多くのものがあります。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品、味噌や納豆、キムチなどの発酵食品。

そして多くのメーカーから乳酸菌入りの飲料やお菓子なども販売されています。

また、食品だけでなく最近ではサプリも多く出回っています。

では、乳酸菌をたくさん摂っても体に悪い影響はないのでしょうか。

乳酸菌が多く含まれている乳製品にもともと体質が合わない方はもちろん控えた方がいいですね。

乳糖不耐症の方や、乳製品を摂取することでお腹がゴロゴロしてしまったり、下痢になりやすいという方。

そしてヨーグルトなどの乳製品からの摂取は控えめにすることをオススメします。

しかし、そうでない方が乳酸菌を多く摂取しても体への影響はほとんど心配する必要はないといえます。

というのも、1日に必要な乳酸菌の数は5000億?1兆個といわれており、この数をヨーグルトで摂ろうとすると、100個分にも相当します。

乳酸菌を多く含むヨーグルトでさえそうなので、他の食品からではむしろ不足しているほどです。

そこで、乳酸菌不足、乳製品から乳酸菌が摂取できないという方におすすめしたいのが、スマートガネデン乳酸菌です。

というのも、スマートガネデン乳酸菌には、なんと乳酸菌が23種類も含まれているほか、乳酸菌の量がなんと510億個も入っているからです。

さらに嬉しいことに、乳酸菌だけでなく燃焼ダイエットには欠かせないアミノ酸まで入っています。

ですから毎日のスッキリだけでなく全身のダイエットにも効果が期待できるのです。

ヨーグルトや乳製品などの乳酸菌入り商品は、コマーシャルなどでもよくうたわれていますが、約2週間程度継続してみないと自分にどの乳酸菌が合うのかがわかりません。

しかし、スマートガネデン乳酸菌ならいっきに23種類も摂ることができます。

ですからいずれかはあなたの体質に効果を発揮する乳酸菌が含まれている可能性が高いといえます。

乳酸菌の効果がイマイチわからないというあなた。

頑張って食べ続ける乳酸菌生活よりも、手軽に摂れるスマートガネデン乳酸菌で身体の悩みを解消してみてはいかがでしょうか。

スマートガネデン乳酸菌の口コミと他の乳酸菌サプリと何が違うの?

hU