乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?菌活に良いのは?

ちまたで健康や美容に意識している人も多い、乳酸菌とビフィズス菌。

あなたはこれらを摂取していますか?

よく健康食品などでも聞くビフィズス菌と乳酸菌ですが、その違いや菌活にはどちらが良いのかなどをご存知でしょうか。

そこで今回は、乳酸菌とビフィズス菌の違いをみていくとともに、効果的な菌活方法をご紹介したいと思います。

まず、乳酸菌とビフィズス菌とは何が違うのでしょうか。

どちらも腸内環境を正常に整えてくれる善玉菌ですが、ビフィズス菌はヒトの腸内に多く存在している菌で、その数は約1?10兆個といわれています。

一方の乳酸菌は、その1/10,000?1/100程度だといわれており、ビフィズス菌が腸内にとっては最適な菌だといえます。

また、乳酸菌は糖を分解して乳酸をつくりだしますが、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸などほかの物質も産出し、善玉菌として働いてくれるのです。

腸内環境を整えることは、日々のお通じの改善だけでなく、便秘からくる肌荒れや気分の落ち込み、消化・吸収、食欲不振といった悩みを解決することにつながります。

また、ダイエットにとっても注目度の高い成分でもあります。

しかし、いったいどのようにビフィズス菌や乳酸菌を効率的に摂取し、菌活を行えばよいのか謎ですよね。

乳酸菌が多く含まれていそうなヨーグルトや納豆などの発酵食品をせっせと摂取しているという方もいるかもしれませんね。

しかし毎食に必ず取り入れられるかといえばほとんど不可能ですし、食品から摂取できる乳酸菌やビフィズス菌には数の面では不足しているといえます。

そこでオススメしたいのが、プレミアムスリムビオです。

プレミアムスリムビオは手軽に摂取することができるサプリで、ビフィズス菌と乳酸菌の数が驚異的なのが特徴です。

その数なんと、乳酸菌はグラムあたり5兆個!

この量をヨーグルトで摂ろうとすれば、100個も食べなくてはならず、現実的ではありません。

さらに、ダイエットサポートの強い味方でもある、茶カテキンを配合しており、燃焼力のアップも期待できます。

そして、なにより同じ食事を摂取しても太る人と痩せている人がいる違いは痩せ菌にあります。

痩せている人は摂取した食事を消化・吸収する際に脂肪として蓄えるのをブロックしてくれる短鎖脂肪酸という物質が体内でつくられ、脂肪になることを防いでいます。

プレミアムスリムビオに含まれているビフィズス菌ビースリーはこの短鎖脂肪酸をつくりだしてくれる働きがあるのです。

これらの成分のほかにも、美容や健康にとって有効なラクトフェリン、難消化性デキストリン、納豆菌、フェカリス菌、オリゴ糖を配合しています。

そのため腸内環境を整えてくれるパワーが強いといえます。

同じ食事をするなら、誰だって体重の増加は嫌なもの。

プレミアムスリムビオで普段どおり食べても痩せる、痩せ菌を手に入れて痩せ体質になってみませんか?

プレミアムスリムビオの口コミ評価!他の乳酸菌サプリと何が違うの?

hU