乳酸菌と青汁は、腸に良いの?優先は、どっち?

あなたは日々の食事における栄養バランスに自信がありますか?

3食きちんと食べていても、その栄養バランスは以外と偏っているものです。

そんな栄養バランスを整えてくれることで、昔から人気の高い青汁。

また、乳酸菌も近年美容にも健康にも効果的とされ、さまざまなメディアで注目を集めている成分です。

そこで今回は、乳酸菌と青汁それぞれの効果をみていくとともに、それらが腸に良いのか、そしてどちらを優先すべきなのかをご紹介したいと思います。

まずは、さっそく青汁の効果をみていきましょう。

青汁とは、大麦や若葉、ケール、明日葉などを原料とした野菜たっぷりの飲み物です。

含まれている成分によってもその効果の違いもありますが、おおむね同様の効果が期待できます。

・免疫力アップ

・美肌になる

・お通じが良くなる

・血液がサラサラになる

ベースとなるさきほど挙げた大麦や若葉などには、抗酸化作用があったり、豊富なビタミンCが含まれていたりします。

さらに食物繊維がたっぷり入っているため、これらの嬉しい効果がもたらされるようです。

次に、乳酸菌の効果をみていきたいと思います。

・便通の改善

・ぽっこりお腹の解消

・美肌になる

・ダイエット

・大腸がんの予防

・精神的不安の解消

・イライラ軽減

・体臭の抑制

などなど挙げてみればキリがないほど、多くの効果があるようです。

では、どちらにもお通じが良くなるという効果がみられるということは、どちらも腸に良いのでしょうか。

答えはイエスです。

青汁は多くの食物繊維によって腸が刺激され、宿便の解消につながりますし、乳酸菌は善玉菌を増やしてくれることで便通の改善に期待ができます。

では、どちらを優先して摂取すべきなのでしょうか。

どちらも捨てがたいところですよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、めっちゃぜいたくフルーツ青汁です。

青汁に軍配? と思われたかもしれません。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は、その名のとおり、大麦若葉、クマザサ、明日葉、甘藷若葉を原料にした青汁です。

普通の青汁とは異なり、果物、野菜、野草、海藻由来の酵素を181種類も配合しているのです。

さらに、ダイエット中に荒れがちなお肌までケアしてくれるヒアルロン酸やプラセンタ、セラミドといった美容成分のほかなんと乳酸菌まで含まれています。

しかも、嬉しいことに味は、その名のとおりフルーツ味でとってもおいしく飲めると大好評です。

青汁と乳酸菌どちらも捨てがたいというあなた。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁で両方の良いところどりをしてみてはいかがでしょうか。

ペコちゃんのめっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミ効果!他との違いは?

hU