夏バテに乳酸菌が効果は本当?なぜなの?

暑い日が続くとだんだん食欲がなくなってきたりしませんか?

慢性的な体の脱力感や、食欲不振が長期的に続いてしまうと、通常の日常生活を行うことですら困難に感じてきてしまいます。

実は毎年日本では夏バテにより体調を壊す方が急増しており、夏バテ解消グッズとして様々な商品が市販されています。

そこで今日は、何が1番夏バテには効果的なのかご紹介していきたいと思います。

まず、夏バテしているときに見直したいのが腸内環境です。

健康な体は腸で作られる。

なんて言われるように、私たちの健康状態と腸内環境は大きなつながりがあるのです。

そこで腸内環境を整えるために注目されているのが乳酸菌です。

最近では乳酸菌にも様々な種類があることをご存知の方も多いと思います。

スーパーで販売されているヨーグルトを見ても、あらゆる乳酸菌が利用されており、最近ではパッケージに記載されているため、一目でわかるようになってきました。

しかし、1つの乳酸菌で腸内環境改善するのは不可能に近いことをご存知でしょうか?

一言で腸といっても、

大腸
小腸
十二指腸

このように3種類あります。

これら全てに効果的に働かせるためには1つの乳酸菌では足りないのです。

そこで異なる5つの乳酸菌を配合した健康補助食品として注目を集めているのが、カルグルトです。

カルグルトには、

乳酸菌LFK
ガセリ菌
ラブレ菌
ビフィズス菌ビースリー
ラクリスR−S

これらの乳酸菌が含まれており、大腸、小腸、十二指腸すべてに効果的に働いてくれます。
カルグルトの口コミ!赤ら顔や肌荒れ改善効果の理由

夏バテを感じ始めたらぜひカルグルトで腸内環境の見直しを始めてみて下さい!

公式サイト↓
カルグルト

u