乳酸菌抽出物LFKは赤ら顔(酒さ)を改善するの?

お酒を飲んだわけではないのに顔が赤いという症状があります。

まるでお酒を飲んでいるかのように見えるこの症状は「酒さ」というもので、一般的には中高年以降の発症が多いとされています。

酒さは症状の重さによって3段階に分類されていて、顔がほてって肌が赤くなったり少し太めの血管が赤い糸くずのように見えたりする第一段階の酒さ(紅斑性酒さ)が多いようです。

さらにニキビのような膿疱(のうほう)ができる第二段階、膿疱が悪化してコブように鼻の頭が盛り上がったようになる第三段階の酒さもありますが、これらは段階的に進行していくとは限りません。

最初から第二段階の人もいれば、第三段階の方もいます。

この段階になると、やはり専門のお医者さんに診てもらうのが一番ですが、第一段階の赤ら顔で悩んでいる場合は自分でできる改善方法などもいくつかあります。

酒さは、激しい温度差や紫外線、熱い飲み物や刺激の強い飲食物、アルコール、ストレス、化粧品などの様々な要因によって発症するとされています。

ですから、出来る限りこれらの要因から遠ざかる生活を心がけることがポイントとなります。

とくに、顔に直接塗布する日焼け止めや化粧品などは、低刺激のものを選ぶようにしましょう。

顔の赤みを目立たなくさせようと、コントロールカラーやファンデーションをたっぷりつけたくなりますが、これはあまりおすすめできません。

根本的に完治させる特効薬がないため改善するのがとても難しいとされているのですが、最近になって一筋の光が見えてきました。

それは、赤ら顔(酒さ)の改善に乳酸菌が効果的だということがわかってきたことです。

ひと言で乳酸菌といっても種類は様々なのですが、ここで注目しているのは「乳酸菌抽出物LFK」というものです。

乳酸菌抽出物LFKとは、健康な状態の人間の体内に存在する乳酸菌「フェカリス菌」を酵素で分解して作られた乳酸菌です。

ビタミンやミネラル、核酸成分が豊富に含まれていますので「乳酸菌の王様」とも言われ、ほかの乳酸菌と比べても効果の差は歴然としています。

アトピーの赤ら顔にも乳酸菌抽出物LFKが良いと評判ですね。

日本では6種類の特許を初めて取得した実力高い乳酸菌であり、この乳酸菌によって赤ら顔(酒さ)や肌トラブルの大きな改善を期待できるというわけです。

この期待の星の乳酸菌抽出物LFKをメインとしてガゼリ菌やラブレ菌、ビフィズス菌ビースリー、ラクリス-Sを配合したのが「カルグルト」です。
カルグルトの口コミ!赤ら顔や肌荒れ改善効果の理由

カルグルトに配合されている乳酸菌抽出物LFKは、日本人の腸には健康な日本人由来のもの、そして赤ちゃん由来のものが理想ということなので、それを実現しているのも特徴です。

健康補助食品であるカルグルトは粉末状で、ヨーグルトに混ぜたり、飲み物に入れて手軽に摂取できますし、赤ら顔や肌トラブルだけでなく腸内環境を改善して便秘も解消できると好評ですよ。

赤ら顔に悩んでいる方やアトピー改善や健康維持を心がけている方は、この役立つカルグルトをぜひお試しください。
公式サイト↓
カルグルト