カルグルトが効かない!効果をちゃんと出す方法は?

顔の赤み(赤ら顔)や酒さや火照り、ヒリヒリ肌荒れやニキビなど、顔のお肌の悩みを抱えている方から人気が高い「カルグルト」ですが、実際に試された方の中で、「効果がない!」「肌状態が改善されない!」という声をたまに聞きます。

そもそもカルグルトは、なぜ赤ら顔や酒さ、火照りや肌荒れ、ニキビなどに効果的なのでしょうか。

それは、乳酸菌の力で体の中から改善してくれるからです。

カルグルトには、LFK乳酸菌・ガセリ菌・ラブレ菌・ビフィズスビースリー・ラクリスという5つの種類の乳酸菌が配合されている健康補助食品となっています。

肌の不調の多くは、腸内環境の悪化が原因とも言われており、肌の不調を外側からのケアも大切ですが、やはり体の中からケアすることが改善へと導かれることも多くあります。

ですから、カルグルトで、乳酸菌を摂って腸内環境を整えることが、肌状態の改善に向いているのですね。

乳酸菌なら、乳酸菌飲料やヨーグルトなどを食べればいいのではないか?と思われる方も多いと思います。

しかし、それら乳酸菌の多くは、小腸や大腸、十二指腸のどれかには効果的であっても、全てに効果的というものは少なく、やはり全てに効果的でないと、腸内環境が整うとは言えません。

小腸・大腸・十二指腸の全てに効果があってこそ、腸内環境が整い、肌状態もそうですし、健康な状態へと導かれるのです。

ですから、カルグルトは、そういう意味でも5つの乳酸菌が腸内環境をしっかり整えてくれるので、肌状態が改善されると考えられます。

では、カルグルトを摂っても肌状態が改善されないという方はなぜなのでしょう?

効果がなかったという方々を検証すると、その理由がわかりました。

それは、定期的に摂取していなかったということです。

毎日定期的に摂取して腸内環境が整い肌状態が改善されるのが「カルグルト」なので、毎日定期的に摂取しないと、腸内環境は整わず肌状態は改善されません。

医者から処方される薬も、決められた用法容量を守って服用することで効果が得られますよね。

もしも、飲み忘れた時は、2回分を1回にまとめて飲まないようにしてください、と言われるものが多いですよね。

私や子供が処方されたことのある薬は、いつもそのように言われます。

もし飲み忘れたら、その回は飲まずに次の回から飲みますが、2回分をまとめて飲まないでください、と必ず言われます。

やはり用法容量を守ることは大切です。

カルグルトは薬ではないので、毎日〇回、食後に飲むといった決まりはありませんが、毎日継続して摂取することが赤ら顔ケアへとつながっていきます。
カルグルトの口コミ!赤ら顔や肌荒れ改善効果の理由

また医薬品ではないので、即効性はありません。

すぐに実感しなくても諦めずに長期的に継続することが大切です。

公式サイト↓
カルグルト

u