動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いとどちらが良いの?

あなたは最近よく聞く乳酸菌についてどのくらいご存知でしょうか?

乳酸菌と一言で言っても、実は動物性の乳酸菌と植物性の乳酸菌があることをご存知でしたでしょうか。

一般的に販売されている商品には、乳酸菌と書かれていても動物性や植物性などといった表記は見られません。

しかし、実際にはそれぞれ強みと弱みがありそれぞれについてしっかりと知っておく必要があります。

そこで、今回は動物性乳酸菌と植物誌乳酸菌の違いと、そのどちらが体にいいのかについてご紹介していきます。

—動物性乳酸菌と植物性乳酸菌とは—

乳酸菌は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の二つに分かれています。

そのうち、植物性乳酸菌とは主にキムチや漬物などに含まれている植物由来の乳酸菌で他の菌と共存する力を持っている乳酸菌です。

一方の動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトなどの乳製品に含まれているもので、他の菌との共存は基本的にせず、単体で生きる乳酸菌です。

それぞれ、他の菌と共存するかしないかなど違いがあり、それぞれの菌に特徴があります。

植物性の乳酸菌は、他の菌と共存できるため遺産などの酵素で分解されずに腸に届きやすくなっています。

さらに、植物由来の糖を得ることで体内で増殖することができます。

腸まで届くというのがポイントです。

もう一方の動物性乳酸菌は胃酸に弱いため、腸まで届く前に分解されてしまいます。

しかし、この動物性乳酸菌は植物性乳酸菌の餌になり植物性乳酸菌を活性化する力を持っていたりと、有用です。

また、免疫力、整腸作用は動物性乳酸菌の方が上手です。

—結局どちらの方が体にとって必要なのか—

結論
どちらも必要です。

バランよく摂取することで、それぞれの良いところを行かして良い影響を体に与えてくれます。

腸まで届きやすい植物性の乳酸菌は腸まで届いて、程よく整腸を行ってくれたり、体内で増殖してくれますし、動物性の乳酸菌は胃酸などによって破壊されるものの、一部は生き残り腸に届いて、より効果の高い働きをしてくれたり、死んだものでも植物性乳酸菌の餌となって植物性乳酸菌の手助けをしてくれます。

両者のバランスが重要なのです。

—まとめ—

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は由来が違う。

それぞれにいいところと弱点があり、両方をバランスよく摂取するのが効果的である。

どちらも、腸内環境の改善や免疫力向上など様々な効果を発揮してくれる働き者の乳酸菌です。

◆植物性乳酸菌も動物性乳酸菌もバランスよく含む乳酸菌サプリで一番人気が、カルグルトです。

赤ちゃん由来の乳酸菌である赤ら顔にも効果!と人気の乳酸菌抽出物LFKやラブレ菌、ガセリ菌、ビフィズス菌ビースリーR、ラクリスR-Sと5種類の効果的な乳酸菌を含むのがカルグルトだからです。
カルグルトの口コミ!赤ら顔や肌荒れ改善効果の理由

便秘解消だけでなく、肌荒れやニキビや赤ら顔(酒さ)など気になっていて優良な乳酸菌で腸内改善したい方は、カルグルトを飲んでみてください。
公式サイト↓
カルグルト

u