ベビー乳酸菌の全成分と有効成分は、どれ?

自然分娩で生まれてくる赤ちゃんは、お母さんの体から1番最初に乳酸菌がプレゼントされていることをあなたはご存知でしたか?

乳酸菌には植物性や動物性など様々な種類がありますが、その中でもヒト由来の乳酸菌がクリスパタス菌です。

クリスパタス菌は、日本人の女性から発見された乳酸菌となっており、女性の産道に多く生息しています。
赤ちゃんがお母さんのお腹から生まれる際には、産道を通って生まれて来ますが、この時に1番最初にお母さんから乳酸菌のプレゼントを受け取っているのです。

もちろん個人差はありますが一般的に自然分娩で生まれた赤ちゃんと帝王切開で生まれた赤ちゃんを比べてみると、アトピーや喘息などといったアレルギー症状を発症しやすいのは帝王切開で生まれた赤ちゃんだということがわかりました。

その理由として挙げられているのが、研究を進めるにつれて発見されたこのクリスパタス菌です。

クリスパタス菌は、植物性や動物性などヨーグルトから摂取できる乳酸菌などと比較しても体を守る明記力が圧倒的に優れていることがわかっています。

さらに一般的な乳酸菌は熱に弱い特性があるため、大量に摂取しても人の体温に負けてしまい腸内での働きが悪くなることがあります。
しかし、クリスパタス菌は、非常に熱に強いことから180度で15分間加熱しても、その活性効果を維持できることが確認されているため、体内でも活性効果が高く、様々な効果が期待できると言われています。

このクリスパタス菌に着目して開発されたのが、ベビー乳酸菌です。

ベビー乳酸菌の主成分は、

クリスパタス菌
ビフィズス菌
オリゴ糖
食物繊維

このようになっており、4つの力の相乗効果で、体の免疫力に働きかけて私たちの健康維持に大いに役立ってくれます。

それでは、ベビー乳酸菌に配合されている全成分についてもご紹介していきます。

ベビー乳酸菌 全成分

イソマルトデキストリン
難消化性デキストリン
キシロオリゴ糖
乳酸菌KT−11(殺菌)粉末
ビフィズス菌末(生菌)
HPMC
食用油脂

配合されている成分を見ていただくと分かるように、家族で安心して飲めるサプリメントを目指して開発されているため、添加物等は一切使用することなく、アレルギーの方でも安心して飲めるような調合で作られています。

さらに、配合されている成分だけではなく、製造過程にもしっかりとこだわりを持って開発されていました。

医薬品製造レベルの向上で安全と品質を厳格に管理しているベビー乳酸菌は、GMPを取得した高い品質を保つための仕組み作りを徹底している国内工場で製造されており、さらに製品の安全を確保するために加工、製造、流通などの過程を明確にするトレーサビリティーにも取り組んでいます。
ベビー乳酸菌の口コミ効果!他との違いは?

配合されている成分や品質、そして製造過程においても安全性にこだわり抜いて作られたベビー乳酸菌。

毎日の健康維持のためにあなたも是非、この機会に取り入れてみて下さい。

公式サイト↓
ベビー乳酸菌 春が好き

us