ベビー乳酸菌で効果的な飲み方はある?

あなたは毎日乳酸菌を取り入れていますか?

乳酸菌は、ヨーグルトなどから気軽に摂取することができますが、ヨーグルトを毎日一個食べていても、乳酸菌の良い変化を実感するのは難しいと言われています。

なぜなら、乳酸菌には多くの種類があり、自分の体と相性の良い乳酸菌を見つけるのがとても難しいからです。

さらに乳酸菌はビフィズス菌も一緒に摂取することにより、より良い変化を実感しやすくなると言われています。

ビフィズス菌以外にも乳酸菌の餌となるオリゴ糖を一緒に取り入れるのもオススメです。

しかし、今の時代乳製品が苦手だったり、乳アレルギーを持っている人がとても多いため、ヨーグルトですら取り入れるのが難しい現実もあります。

そんな時にお勧めしたいのが、サプリメントからの乳酸菌の摂取です。

サプリメントと一言で言っても様々な種類がありますが、私が今回着目したのは今話題の成分クリスパタス菌が配合されているベビー乳酸菌です。

クリスパタス菌は、ヒト由来の乳酸菌として知られており、ヨーグルトに配合されている乳酸菌とは少し種類が異なります。

もともとクリスパタス菌は女性の産道に多く存在し、赤ちゃんが産道を通る際に1番最初にお母さんから譲り受ける乳酸菌とも言われています。

クリスパタス菌が注目されるようになった理由は、病気がちな赤ちゃんには少なかった乳酸菌の1つだからです。

帝王切開で生まれた赤ちゃんは自然分娩で生まれた赤ちゃんよりも、アトピーやアレルギーになりやすいと言うことに気がつき、研究を進めて発見されたのがクリスパタス菌でした。

しかし、実際にクリスパタス菌を研究してみて気がついたのは、動物性でも植物性でもない乳酸菌のため培養が困難だと言うことです。

そんな中、多くの大学等と連携しクリスパタス菌の大量生産に成功することで、ベビー乳酸菌は誕生しました。

クリスパタス菌は他の乳酸菌と比較して体を守る免疫力が圧倒的に優れていることから、健康に対して良い変化を感じやすくなります。

さらに一般的な乳酸菌は体温に弱く、大量に摂取しても腸内での働きが悪くなるケースがあります。

しかし、クリスパタス菌は180度で15分間加熱しても活性を維持できることが確認されているため、体内でも活性に優れ、様々なメリットを感じやすくなるのです。

では、ベビー乳酸菌の効果的な飲み方のコツなどはあるのでしょうか。

乳酸菌は毎日取り入れることが大きなポイントとなってきます。

乳酸菌はもともと腸内にとどまるのがとても苦手で、毎日継続して取り入れることにより善玉菌を手助けするとも言われているため、一度にたくさん摂取するのではなく、毎日規則正しく取り入れることがお勧めです。

もともとベビー乳酸菌は食品となっているため、定められた用法や用量はありません。
目安としては1日2〜10粒を取り入れていくのが好ましいでしょう。
ベビー乳酸菌の口コミ効果!他との違いは?

ご自身の体調と相談しながら量を調整して行くのもオススメです。

公式サイト↓
ベビー乳酸菌 春が好き

us