「バイオジュニックス」とは何かご存知ですか?

おそらく多くの方が聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。

腸内フローラの時に腸内には善玉菌と悪玉菌とが存在すると説明しましたが、年齢とともに善玉菌は減少すつ傾向にあります。

善玉菌が減少すると健康に支障をきたして病気の原因になります。

そこで善玉菌を増やすことが重要になります。

善玉菌といえばビフィズス菌で、ヨーグルト等に含まれています。

それを食物から取り入れることは腸内フローラのバランスを良くするのに大変有効といえます。

ビフィズス菌は生きた菌となっています。

このビフィズス菌のように腸内フローラを改善する事により、身体によりよい働きをする微生物の事をプロバイオディクスといいます。

さて、今回話題にしているバイオジュニックスは乳酸菌の死骸が主となっています。

死骸と聞いて嫌な気分になる方もいらっしゃるかもしれませんが、マウスによる実験で生菌も死菌もどちらも腸内の善玉菌を増やすという結果がでているので安心してください。

むしろ死菌の方が善玉菌が増えたこともあったようです。

研究により腸内腐敗を防ぐのは乳酸菌ではなく乳酸菌生産物であることがわかりました。

乳酸菌生産物とは、乳酸菌の代謝物の総称であり、腸内ビフィズス菌などの善玉菌が作り出している物質のことです。

乳酸菌そのものを、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで取り入れると、腸内環境が整えられて健康に役立つというものは間違いではありません。

しかし乳酸菌そのものが腸に入ってもその乳酸菌はもともと腸内にすんでいた菌ではないため、腸内で増殖・定着することがなかなか難しく、通過菌として体外に排出されてしまうことも少なくないのです。

この乳酸菌の代謝の過程で作り出された乳酸菌生産物質がバイオジュニックスなのです。

バイオジェニックスは、腸内フローラを介することなく体に直接作用することが特徴といえます。

バイオジュニックスは「生菌により生成された」という語源の通り、たんぱく質、酵素反応などで作られる二次代謝物なのです。

以上より、腸内フローラを整える生きた乳酸菌を食物で取り入れる他に、バイオジェニックスのサプリメント等を組み合わせることにより、それが生活習慣病の予防に役立つのだということがいえます。

乳酸菌とバイオジェニックスの違いをおわかりいただけましたでしょうか?

じゃあ、バイオジェニックスのサプリメントで何がおすすめなの?というと・・

いろいろありますが、善玉元気が口コミでも評価が高く人気です。
善玉元気の口コミと便秘改善効果の理由
複合乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)を含みます。

乳酸菌発酵エキスとも呼ばれていますね。

善玉元気は、胃酸の影響も受けずに352種類の有用成分が、腸内フローラを整えて、便秘改善やダイエットにも効果!と人気なんです。
公式サイト↓